株式会社WEB広報評判

誹謗中傷対策サービス

WEB広報では、悪口が書かれたウェブサイトの検索順位を下げるサービス(逆SEO)などを提供しています。 グーグルやヤフーの検索結果の上位に誹謗中傷サイトが表示されてしまったり、将来の誹謗中傷被害を予防したい企業や個人の方が対象です。

インターネットの誹謗中傷とは?

グーグルやヤフーなどのインターネット検索サイトで、会社名や団体・法人名、もしくは、社長や社員などの個人名を検索すると、誹謗中傷や悪口が書かれたウェブサイトが検索結果の上位に表示されて、お困りではありませんか?

誹謗中傷サイトが検索の上位にいると、おおぜいの人の目にふれてしまいます。書かれている内容が嘘やデマであっても、多くの人が信じてしまう恐れがあります。

2ch、ブログ、掲示板、知恵袋、ツイッター被害

悪口や否定的な内容が書かれたサイトの多くは、一般の人が自由に書き込める「2ちゃんねる」(2ch)などの掲示板や、だれでも簡単に日記が書けるブログによって作られます。最近では、ツイッター(Twitter)やヤフー知恵袋による被害も急増しています。クチコミ(口コミ)サイトや転職サイトにも、誹謗中傷が書かれることが多くなっています。

株式会社WEB広報へ問い合わせ

削除要請

2ちゃんやコピーサイトに削除要請

ネットで誹謗中傷された場合、ブログや掲示板の運営者に対して、削除要請ができます。誹謗中傷でお困りの方は、まずはこれが対策の第一歩目となります。2ちゃんねるの内容を自動的に転載する「2ちゃんコピーサイト」の場合は、意外とスムーズに削除してもらえる場合が多いです。

根拠は「プロバイダー責任法」

サイト管理者への削除要請は、「プロバイダー責任制限法(プロバイダー責任法)」という法律にもとづいて行います。この法律では、書き込んだ人物やブログ記事の執筆者が分からない場合、ブログや掲示板の運営会社に氏名や連絡先などの情報開示を求めることもできます。プロバイダー責任法に基づく手続きの方法については、「プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト」をご参考にして下さい。

「名誉毀損」は、警察・弁護士に相談

被害が深刻な場合や、対策に急を要するときは、警察や弁護士に相談しましょう。刑法の名誉毀損罪や信用毀損罪などに該当すれば、警察が事件として扱ってくれます。その際、誹謗中傷が書かれたサイトのページのコピーを持参しましょう。

削除要請の限界

「表現の自由」「言論の自由」

実際には、誹謗中傷をされた被害者がホームページ運営者やプロバイダーに対して削除要請をしても、なかなか対応してくれないことも多いです。明らかに犯罪に該当するような場合は別ですが、企業や経営者を批判したり、内情やスキャンダルを暴露するような内容については、「言論の自由」などを理由に削除を拒否されることがあります。

「火に油」に注意

削除要請が火に油を注ぐ形となって、さらに誹謗中傷が増えることもありますので、注意しましょう。

削除されても、誹謗中傷が消えないワケ

仮に誹謗中傷の内容が削除されたとしても、誹謗中傷が消えないことがよくあります。人気の高い掲示板や主要ブログサービスには、書き込みの内容をそっくりそのまま自動的にコピーして転載しているサイトが多数存在します。この中には、削除要請に全く対応しないサイトも少なくありません。

ツイッター被害

最近増えているのが、ツイッター(Twitter)の被害です。ツイッターは、誹謗中傷被害に対応する体制が全く整っていません。事実無根のツイートについて削除要請をしても、無視されることが多いです。また、ツイッターの場合も、自動的に内容を転載(コピー)するサイトが多いので、2次被害、3次被害が起きやすいです。

検索サイトに残る

また、削除された書き込みも、グーグルなどのサーバーにしばらく「キャッシュ」として残るので、ユーザーは簡単に閲覧できてしまいます。

株式会社WEB広報へ問い合わせ

削除要請の限界

消費者はまずグーグルかヤフーを見る

ネット利用者の9割は、グーグルやヤフーなどの検索サイトを通じて情報を得ています。ある会社から商品を買う前に、多くの消費者は社名を検索します。学生が就職活動するときも、まずは社名を検索します。最近では、初めてデートする前に相手の個人名を検索するのも常識となっています。この傾向は、今後ますます強まるでしょう。

検索サイトを通じた風評被害

会社名や社長の名前でネット検索した時に、こうした誹謗中傷サイトが上位に表示されるのは、ビジネス上、大損害です。商品を買おうと思っていたお客さんもすぐに逃げていってしまうでしょう。社員の士気も低下しかねません。求人募集をしても応募が来なくなります。これがいわゆる「風評被害」です。

検索順位を下げるのが現実的

インターネットでは、グーグルやヤフー検索の上位に表示されなければ、情報は広まりません。ですから、誹謗中傷サイトも、上位表示さえされなければ、だれの目にも止まることなく、埋もれてゆきます。検索サイトでの順位を下げることが、誹謗中傷サイト対策として最も有効で、現実的です。

逆SEOのパイオニア=株式会社WEB広報

ネット検索で誹謗中傷サイトの順位を下げることを、「逆SEO」といいます。株式会社WEB広報は、逆SEOを日本でいち早くサービス化し、この分野のパイオニアとして取り組んでまいりました。

株式会社WEB広報へ問い合わせ

逆SEO対策

WEB広報の逆SEO

WEB広報(ウェブ広報)では、誹謗中傷サイトや悪口サイトの検索順位を押し下げる「逆SEOサービス」を提供しています。逆SEOサービスは、以下の2つによって行います。

サイトの制作

(1)WEB広報において、会社名や個人名などご希望のキーワードを盛り込んだサイト作り、検索サイトに上位表示させていきます。それにより、誹謗中傷サイトの検索順位を下位に押し下げます。サイトは制作した後も頻繁に更新を続け、上位に定着させます。

SEO対策

(2)無害なサイトに対して、SEO対策を実施して順位を引き上げます。その結果、誹謗中傷サイトに順位を押し下げます。

社名で検索 google 1位:「○○は悪徳業者」2位:「○○は倒産寸前」3位:「○○の商品は不良品」 逆SEO対策 Google 1位:「○○の公式サイト」2位:「○○の商品紹介」3位:「○○の経営理念」

3ページ目以降に

株式会社WEB広報の逆SEOサービスでは、誹謗中傷サイトの検索順位を4ページ目以降(31位以下)に下げるべく、対策を実施します。ネット利用者の多くは、3ページ目までしか検索結果を見ません。ただ、ご希望の方には、100位以下に下げるサービスも提供しています。

契約期間は1か月

当社の逆SEOサービスは、契約期間が1か月です。1か月で対策が完了しない場合、ご希望により、1か月ごとに契約を更新させていただきます。

1か月で足りない場合

通常は、個人名の場合で2~3週間、会社名の場合で1か月程度で誹謗中傷サイトの順位が下がってきますが、難易度が高い場合は数か月以上かかることがあります。

予防にも

会社名などで検索上位を独占することは、既存の誹謗中傷サイトを押し下げるだけでなく、今後新たに誹謗中傷サイトが登場した場合に上位に表示されるのを防ぐ「予防効果」もあります。


料金

個人名は月額3万円~

料金は、キーワードの難易度や、誹謗中傷サイトの強さによって異なります。難易度がそれほど高くないと想定される個人名の場合、月額3万円から対策が可能でございます。法人名の場合は月額5万円からとなっております。

株式会社WEB広報へ問い合わせ

実績

1万件を超える実績

ヤフーの検索結果画面
日本でいち早くサービス開始

株式会社WEB広報は2007年に、日本でいち早く逆SEOサービスを開始して以来、多くの企業様や個人様の誹謗中傷サイトの順位を下げてきました。お客様は、全国の大企業・中小企業や経営者のほか、国会議員などの政治家のみなさん、医師、弁護士、会計士などの個人事業主様など多岐にわたります。すでに対策が完了したクライアント様は、1万件を超えています。

弊社では、これまで長い間、検索順位が1位だった誹謗中傷サイトを、2週間で50位以下に押し下げたケースも多くあります。具体的な成功事例はサイト上では公表できませんが、一部の案件については、お客様から特別な許可をいただいたうえで概要をお伝えできます。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ下さい!

お問い合わせや見積り依頼は、ホームページの「お問い合わせページ」からお願いします。お問い合わせ内容の秘密は絶対に厳守いたします。当社からは営業や勧誘行為は一切いたしません。

株式会社WEB広報へ問い合わせ

誹謗中傷の被害の事例

会社

「会社名でネット検索すると、1位は自分たちのホームページだが、すぐその下に誹謗中傷サイトが表示される」

一般のサラリーマン

「自分の個人名で検索すると、2ちゃんねるに書かれた悪口が1ページ目に表示されてしまう。取引先や家族、友人に見られたくない」

会社の社長

「2chやブログに事実と違う誹謗中傷をされた。書き込んだのはおそらく元従業員。社内の不祥事だけでなく、女性関係などプライベートなことも暴露された」

会社の役員

「リストラをしたら、逆恨みされ、ブログで実名を挙げて『愛人がいる』などと事実無根の悪口を書かれた。

病院・医師

「ミスではないのに掲示板に『医療ミス』などと書かれた」

学生

「友人のことで腹が立って、2ちゃんねるに個人名(実名)入りで悪口を書いてしまった。あとで冷静になって『取り返しのつかないことをした』と反省。2ちゃんに削除要請を出したが、受け入れてもらえない」

飲食店の店主さん

「口コミサイトや掲示板にお店の悪口を書かれた。店名でGoogleやYahooで検索すると上位に表示されてしまう」

一般のOL

「自分の名前が2chに書かれている。もうスレッドは落ちたのだが、コピーサイトが残っていて検索結果から消えない」

金融サービス業

「ヤフー知恵袋の回答で、自社の悪口が書かれた。検索サイトの1ページ目に表示されてしまっているので、せめて3ページ目以下に落としたい」

学生・学生のご両親

「自分の息子の名前でネット検索したら、一番上に誹謗中傷サイトが表示された。就職活動に悪影響が出そうだ」

個人経営のお店

「お客さんとのささいなトラブルをブログに大げさに書き込まれた」

企業

元従業員が2ちゃんねるやブログで「セクハラ」や「パワハラ」を訴えている。

税理士・会計士・弁護士

「ネットの口コミサイトで悪評を書かれ、個人名で検索すると上位に表示されてしまう。営業活動に支障が出る」

一般の女性

「根も葉もないことを2ちゃんに書き込まれた。ストーカーの嫌がらせだと思う」

会社員

不倫相手に別れ話を持ちかけたら、実名入りで不倫を暴露された。

法人

元従業員が一般のお客さんになりすまして、掲示板や知恵袋に悪意に満ちた書き込みをした。

冤罪事件の被害者

警察に誤認逮捕された。無実であることが立証されたが、逮捕されたときの報道内容がネット上に残っている。

株式会社WEB広報へ問い合わせ